プログラム番号:e1065

タイトル :食材

技法:多次元リスト(2次元配列)

概要:2次元リストの生成や操作を行う。

流れ図

省略

  1. 2次元リストの生成(リストのリスト)

概要:野菜、肉、果物のリストを食材リストの要素として追加して2次元リストを生成する。

EduBlokcs

実行例

Python3

vegetables = ["人参", "玉ねぎ", "じゃがいも"]
meats = ["牛肉", "豚肉", "鶏肉"]
fruits = ["リンゴ","みかん","バナナ"]
food_stuff = [vegetables, meats, fruits]
print(food_stuff)
print(vegetables)
print(food_stuff[1])
print(food_stuff[0][0])
  1. 2次元リストの探索(方法1)

概要:食材の名前を入力して、野菜、肉、果物の分類を調べる。

EduBlokcs

実行例

Python3

kind = ["野菜", "肉", "果物"]
food_stuff = [['人参', '玉ねぎ', 'じゃがいも'], ['牛肉', '豚肉', '鶏肉'], ['リンゴ', 'みかん', 'バナナ']]
stuff = input("食べ物を入力してください:")
for i in range(len(food_stuff)):
    for j in range(len(food_stuff[i])):
        if stuff == food_stuff[i][j]:
            print(kind[i])

  1. 2次元リストの探索(方法2)

概要:食材の名前を入力して、野菜、肉、果物の分類を調べる。

技法:in演算子

EduBlokcs

実行例

Python3

kind = ["野菜", "肉", "果物"]
food_stuff = [['人参', '玉ねぎ', 'じゃがいも'], ['牛肉', '豚肉', '鶏肉'], ['リンゴ', 'みかん', 'バナナ']]
stuff = input("食べ物を入力してください:")
idx = 0
for group in food_stuff:
    if stuff in group:
        print(kind[idx])
    idx = idx + 1